日常生活をちょっと快適にするIT

ITで普段の生活をほんのちょっとだけ便利に。情報格差を少しでも小さく。そんな目標を掲げて、のんびり記事を書いていきます。

過去のWindowsを使い続ける危険性

2017
29
おはようございます、EPです。

今日は過去のWindowsを使い続ける危険性というテーマでお話をしようと思います。

WindowsというのはMicrosoft社が開発しているOS(Operating System)で、コンピューターのハードウェアを統括し、ユーザーに対して簡単に利用できるような環境を提供しています。

Windows以外にも、macOS、Linux、UNIX、FreeBSD、Android、iOSというように様々なOSが存在しています。AndroidはLinuxから派生したOSで、スマートフォンというのは実は小さいだけで動作の原理は普通のコンピューターと何ら変わらなかったりします。誰もが何かしらのOSを利用しているといっても過言ではありません。

OSもソフトウェアですから、修正が行われます。修正には大きく分けると2種類あり、極めて短いスパンで行われるアップデートと、半年から数年に1回程度行われるバージョンアップです。

Windowsで言えば、バージョンアップはWindows 7からWindows 8といった名前が変わるレベルの大規模な変更のことですね。メジャーアップデートと言う方が適切ですが、直感的になんとなくわかりやすい語を今回は使います。バージョンアップレベルで言うと、Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8(8.1)、そして現行のWindows 10と、Windowsは進歩してきました。

さて、このOSというソフトウェア、めちゃくちゃ複雑かつ大規模であるが故に、潜在的にバグが含まれます。バグにも様々なものがありますが、やばいのは非正規ユーザーが勝手にコンピューターを利用できるようになってしまう類のバグです。

そうしたバグをふさぐため、大抵のOSは細かくアップデートする機能が付いています。Windowsであれば、Windows Updateですね。

そしてアップデート機能は、ある程度時間がたった過去のバージョンのOSでは停止することが多いです。アップデート用の修正ソフトウェアの開発には人を動かす必要がありますし、すなわちお金がかかるということで、既に過去のものとなった製品に対していつまでもお金をかけ続けるわけにはいきません。それはオープンソースのLinux系統のOSであっても、営利企業が開発するWindowsであっても同じことです。

アップデートされなくなった過去のOSには、修正されないまま放置されたバグが存在することになります。こうしたバグを突くことで悪さをする輩が世の中には大勢います。

computer_virus_document.png 

ランサムウェア、WannaCryもそういったバグを突くことで機能するソフトウェアでした。

自分には関係ない、そう思っているとそのうち足元をすくわれます。インターネットに繋がってるということは、物理的に世界中のコンピューターと繋がっていることと同義です。その中にはコンピューターを乗っ取ったり攻撃したりデータを盗み出したりすることで金銭を得る者も居ます。彼らはウイルス、ワーム、トロイの木馬と呼ばれるようなソフトウェアや、総当りで攻撃をしかけるソフトウェアを駆使して世界中のコンピューターに対して攻撃のチャンスを伺っています。

先日実家に帰った折、ファイヤーウォールのログをチェックしました。すると、管理者の権限を得ようとどこからか謎の通信が飛んできていることが判明しました。研究室のネットワークや自宅のネットワークにも、1日に数件から数十件程度はこうした謎の通信が飛んできています。総当りでセキュリティが甘いネットワークやコンピューターを探しているのでしょう。知らぬが仏という感じですが、インターネットに繋げるというのはそういうことです。

アップデートが終了したOSを使い続けるのはとても危険なことです。

特に利用者数が多いWindowsでは、攻撃の種類や数が他のOSに比べて段違いです。

既にサポートが終了したWindows XPやWindows Vista(2017年4月11日で終了)をまだ使用している人は、最新のWindows 10への移行を検討すべきです。最新のOSが動かないマシンを使っているのであれば、それはもう現代に即したマシンとは言えません。ハードウェア的にはまだ存命でも、ソフトウェア的には「寿命」です。

Windows 7やWindows 8のサポート終了も迫ってきています。

Windows 7は2020年1月14日、Windows 8(8.1)は2023年1月10日でサポートが終了し、アップデートが止まります。余裕をもって最新のWindows 10への移行を検討していきましょう。

あなたの生活がちょっと快適になりますように。


 Windows サポート終了 アップデート 危険

0 Comments

Add your comment