日常生活をちょっと快適にするIT

ITで普段の生活をほんのちょっとだけ便利に。情報格差を少しでも小さく。そんな目標を掲げて、のんびり記事を書いていきます。

知らないと危険、ネットワークの基礎知識~はじめに~

2017
21
こんばんは、EPです。

さて、今日の記事はコンピューターのネットワークについてのお話をしようと思います。

今回は「ITで何ができるのか」というよりも、「何が起きているのか」を知ってもらうための記事です。

この記事はゼロからプラスにするのではなく、マイナスをゼロにするために書かれています。
ネットワークの知識を欠いているために起こる不都合な事件は枚挙に暇ありません。

例えば、Webカメラってご存知でしょうか?
ヨドバシカメラのような大きめの家電量販店に行くと売っている、インターネットに繋がる監視カメラのようなものです。
世界中で多数のWebカメラが稼働していますが、ネットワークとセキュリティの知識を欠いた利用者による軽率な設置の結果、世界中から映像を覗き見することが可能になってしまっており、問題になっています。
インターネットにさえ繋がっていれば、誰でも覗き見できます。「Insecam」というページで世界中のガバガバセキュリティのWebカメラの映像が簡単に覗き見できちゃったりします。

※正直リンクを掲載すべきか悩みましたが、セキュリティ意識の啓蒙のためにも、この現状を知ってもらった方が良いと判断し、リンクを載せました。

最近では「これからはIoTの時代」と言われ、何もかもがインターネットに繋がる時代が遠からずやってきそうな気配が漂っています。
しかしネットワークの知識を欠いたままIoTの時代に乗っかることになれば、あらゆるものをインターネットで大公開するある種のネット露出魔になりかねません。

LANとかWi-FiとかWANとかインターネットとか、恐らくほとんどの方が耳にしたことがある単語だと思います。
しかしそれぞれどういう意味の単語なのか、わからないまま使っている人が大半なのではないでしょうか。「全部インターネットのことじゃないの?」と思った方も居ると思います。

LANに繋げる」、「WANに繋げる」。セキュリティの観点から見ると、この2つの言葉にはあまりにも大きな差があるという事実を、恐らくは知らない人の方が多いのではないかと思います。

うっかり間違えてしまった、では済まされません。これからの時代、その「うっかり」でインターネットに繋がったストーブを他人に遠隔操作されて火事に発展した、なんてことだって起こるかもしれないのです。

ネットワークとは何か、インターネットとは何か。ITエンジニアを目指している人以外も、そうした知識をつけるべき時が来た、と言うべきでしょうか。

何回かに分けて、「これだけは知っておくときっと今後役に立つ」というレベルの簡単なネットワークについての解説を行おうと思います。
この記事を第0回とし、第1回は「ネットワークとは何か、LANWANWi-Fiの意味の違い」、第2回は「ネットワークのセキュリティ」、第3回は「ネットワークが実現する『便利』」というテーマで記事を書いていこうと思います。

あなたの生活が、ITでちょっとだけ快適になりますように。

 インターネット ネットワーク LAN WAN Wi-Fi 違い

0 Comments

Add your comment